CAREERS / FINANCE & ACCOUNTING STAFF

PERSON:
FINANCE & ACCOUNTING STAFF

FINANCE & ACCOUNTING STAFF

プロフェッショナルな仲間と共に活躍したい

大学を卒業後、新卒でアパレル会社に就職し、広報やオンラインストアの営業事務に従事していました。その後転職した不動産管理会社で、決算資料や収支報告書に携わる機会があり経理事務の仕事に関心を持ち始めたことをきっかけに、独学で簿記を勉強し資格を取得しました。ファッションが好きだったことから、いつかアパレル業界で経理の仕事に就きたいと思っていたところ、ちょうど株式会社バーニーズ ジャパンの財務経理チームで募集があることを知り、思い切って挑戦。選考の結果無事に合格し、2016年より現職に就いています。転職活動では働くオフィスの環境を重視しており、選考結果が出る前に職場見学をさせて貰えたことで、『ここならミスマッチなく働ける』と確信し入社を決意しました。


入社当初は経理事務としての経験が浅く、目の前のことに精一杯だったことを覚えています。伝票の整理やファイリング、取引先の口座登録や管理など初歩的な仕事からコツコツ続け徐々に月次決算業務や、取引先の売掛金の確認、請求書全般の対応などコアな業務を任せてもらうようになりました。現在は債権回収や監査対応、社内外の問い合わせ窓口業務など幅広く取り組んでいます。一年のうち四半期決算のタイミングは特に忙しく、時間外勤務が生じることもありますが、業務を属人化させないというチームの方針のもと、個々人の業務負担を分散させてチーム全員のスキルが平均的に上がるような仕事の仕方を取り入れています。


体に障がいがあるため、物理的に難しいことは共に働くメンバーにフォローをお願いすることもありますが、自分自身で積極的にできることに取り組もうという意欲が、仕事の原動力になっています。会社の数字を扱うので、一円単位の数字がぴったりと一致し、ミスなく漏れなく、遅滞なく処理できた時は素直に嬉しくやりがいを感じる一方で、現在仕事と育児を両立しながら短時間勤務をしているので、出社中の限られた時間の中で優先順位を考えながら働くことが、正直大変だと感じる時期もありました。退勤後の不在にする間に仕事が滞らないよう、疑問点はそのままにせず自分でクリアにすることを常に意識し、業務を引き継ぐ相手が困らないような働き方を実践しているつもりです。最近では仕事の効率が上がり成長を実感でき、仕事に対して楽しさを覚えはじめました。


出産と育児に向けて、産前産後休業と育児休業の制度を利用したため、数年間休みを取りました。休業の前後で体調面に不安を感じることもありましたが、上司に相談の上、通勤緩和や通院の配慮、復職後は在宅勤務制度の活用など周囲と会社のサポートを受けることができ、継続的に就業できる環境があると実感しています。障がいの有無問わずいち戦力として認めてもらい、育児休業からいつでも戻ってこられるようにと、自分の席を守ってくれた上司やメンバーに感謝しています。

FINANCE & ACCOUNTING STAFF

財務経理の仕事は会社の数字を扱うので、正確で几帳面であることはもちろんのこと、自ら率先して動くことが出来る能動的な性格の人が向いていると思います。組織の構成上、上司と部下の関係はありますが、それぞれが対等にプロフェッショナルという意識を持ち、お互いにフォローすることでチームのパワーアップに貢献したいと思える人材が活躍している会社です。今は短時間勤務なので、限られた時間内に出来ることを優先して取り組んでいますが、更にスキルを磨き業務の幅を広げていきたいです。ゆくゆくは責任ある立場として会社数字から重要な事柄を紐解き、会社の経営指針に則り根拠を元に承認できるレベルを目指しています。


現在は子育ての真っ最中なので、プライベートは子供が中心です。在宅勤務の時も、『今日は集中的に業務をしよう』と思っていても、すぐ近くに子供が見える安心感があるのと同時に、どうしてもオン・オフのバランスが取りづらいと感じる日もあります。そんな時は出勤することで家庭から離れ、いい意味で切り替えができることに気がつきました。意外なことですが、会社に来ることがリフレッシュになっています。最近は通勤時間を活かして、大好きなファッションアイテムをスマートフォンでチェック。会社に着くまでの間に、バーニーズ ニューヨークのオンラインストアで買物を済ませることもあります。ちなみに今日のトップスも、先日バーニーズ ニューヨークで購入したばかりのお気に入りのアイテムです。