CAREERS / PR TEAM MANAGER

PERSON:
PR TEAM MANAGER

PR TEAM MANAGER

学生の頃から洋服が好きだったので、就職ではファッションの道へ進むことを考えるように。

私が学生の頃は裏原宿系のストリートブランドが全盛期。けれど自分が働くとなると少し違うと感じていました。偶然にもその時期に、どうしても欲しいものがあり訪れたのが、いつか買物をしてみたいと思っていたバーニーズ ニューヨークでした。
当時の私にとってバーニーズ ニューヨークは敷居の高い大人のショップといったイメージ。ですが意を決して入ってみると、学生である私にも親身な接客で応対してくれました。加えて店頭の打ち出しやヴィジュアルも抜群に格好よかった。
このとき、「この会社に入ろう」と決意しました。
大学で広告や宣伝について学んでいたので、もともとPRには興味がありました。入社して6年ほどメンズスーツフロアで販売を担当し、その後メンズのPRに。現在はメンズ・ウィメンズ両方のPR業務に携わっています。

PR TEAM MANAGER

一見華やかなイメージですが、PRとはいわゆる社外との調整役。世の中にバーニーズ ニューヨークがより美しく出るために奔走する、縁の下の力持ちだと思っています。それぞれのメディアに合わせた提案力というのはパーソナルな接客と結びつき、突発的なアクシデントにおいての対応力もお客様からいただくクレーム対応と結びつく。つまりは、業務のほとんどは店頭での販売業務とリンクするものです。私はその力を、フロアでの販売経験で培ったと自負しています。
バーニーズ ニューヨークの看板の大きさは、本国ニューヨークを訪れると嫌というほど知らされます。プレッシャーもあるけれど、その分やりがいも十分。
なので休日は仕事モードをしっかりとオフ。二人の子どもがまだ小さいため、外に出る時間や場所は限られますが、若いときに行かなかったような場所へも行けて楽しいですね。子どもを持つと視点も変わってきますし、それはPR業務にも生かされていると思います。
バーニーズ ニューヨークは日本に上陸して25周年を迎えましたが、自分の中では、“まだまだ”。
他にはない“スペシャリティストア”として、より幅広い年代の方に愛される存在へと成長させていきたいです。