CAREERS / SELLING SUPERVISOR

PERSON:
SELLING SUPERVISOR

SELING SUPERVISOR

入社のきっかけは、ウィンドウディスプレイがクールで格好よかったから。

もともと洋服が大好きだったこともあり、幅広いブランドを扱うバーニーズ ニューヨークは、私の目にとても魅力的に映ったのです。
「ここで働くことができたらどんなに楽しいだろう」
その想いを胸に、美容師やバーテンダーといった異業種での経歴を経て、晴れてバーニーズ ニューヨークの一員に。
入社時はバイヤーになりたいという夢を持っていました。そのためにはいま出来ることをしっかりやろうと、必然的に接客業務に邁進。努力を続けていくうちに、いつの間にか販売の面白さの虜になっていました。いまではたくさんのお客様が私を指名し来店してくださいます。

SELING SUPERVISOR

事前にお客様の好みやワードローブを思い浮かべながら商品を用意することも。準備しておいたアイテムを気に入っていただき、
「あなたに選んでもらえてよかった」
この一言をいただけることが、私の最大の“やりがい”です。
休みの日は大好きな映画をまとめて3・4本観たり、音楽を聴いたりして、ゆったりと過ごすのがマイルール。大好きなお酒も毎日飲みます!
そういった息抜きの時間があるからこそ生活にメリハリが生まれ、自然とお客様との会話も楽しいものになってくるんですよね。ニーズを引き出せるようにただお話を聞くばかりでなく、自分の話も織り交ぜる会話をすることで、よりスムーズになると思っています。
こうした努力の積み重ねが功を奏し、“販売のプロ”と呼ばれる、社内でもわずか数人のセリングスーパーバイザーに抜擢されました。
そして“いまの立場を極める”ことが、現在の私の目標です。
自身のスキルの向上はもちろん、後輩スタッフの育成や、販売事例をもとにバイイングへの助言をするなど、フロア目線でバーニーズ ニューヨーク全体を盛り上げていきたいと考えています。